あの子とわたし

はじまり6

Posted by ミジン子 on   0 

私はかなり困惑しておりました。

私「無理でしょ!寝ましょう!」

玉ねぎは「でも…ミジン子…」

何を言っても言い訳にしかなりませんが、
私は何度も説得を試みました。
しかし、玉ねぎは「でも…」と繰り返します。

もはや、おとなしく寝れる雰囲気ではありません。
どうしよう、どうしよう、どうしよう。
私の頭の中がぐるぐると回ります。
やらないと夜が終わらない。

私「一回きりだから。終わったら忘れてね。」

今、思えば私の妙な緊張感が、玉ねぎに
伝わっていたのかもしれないと思う部分もあります。
ラブホテルという場所のせいかもしれない。
とにかく間違いは起きてしまいました。

玉ねぎはその夜、
「ミジン子、好き」
と言っていました。

浮気なのに好きと言ってしまうのはなんなのか。
私は本当に意味が分かりませんでした。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ミジン子

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。