あの子とわたし

はじまり5

Posted by ミジン子 on   0 

なぜか、ラブホテルに来てしまった二人。
玉ねぎはラブホテルが好きらしく、いろいろと詳しいようでした。
私は広い部屋を見て、玉ねぎがラブホテルが
好きな理由がなんとなく分かりました。

私は、これまで縁がなかった場所なので
一緒にいるのが友達とはいえ、なんとなく緊張しておりました。

疲れたし寝よかーと広いベッドに少し離れて横になります。
おやすみーと言ったのにしばらくすると、

玉ねぎ「ねえねえ、寝た?」

ミジンコ「起きてるよ。なに」

玉ねぎ「なんでもないけど・・・」

と、どうも寝れないのか、玉ねぎが何度も話しかけてきます。
「寝にくいなら私ソファーで寝るよ」
と言っても、「ベッド広いし寝れるから大丈夫!」と言われます。
そして寝ようとすると、「寝た?」と声をかけられる。

ミジンコ「なんなの?」

と、横を見ると玉ねぎがもぞもぞ。

玉ねぎ「ミジンコ。。。」

ミジンコ「え」

玉ねぎ「したい」

ミジンコ「え」

彼女いるんでしょ?それは浮気だよ?
あれ、彼女が大好きなんじゃなかったっけ。
私とは、間違いなんて起こりえないんじゃなかったっけ。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ミジン子

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。