あの子とわたし

1年がたった頃3

Posted by ミジン子 on   2 

ミジン子「二度とこういうことはしないで。
事情があってやむを得ず、借りる時はちゃんと相談してほしい。
もう一度隠し事するようなことがあったら本当に信用できない。」

始まりが、浮気だったこともあって、
私には、玉ねぎに対して少し不安がありました。

玉ねぎ「もう絶対しません。」

ミジン子「他に隠し事はない?
したら許さん」

玉ねぎ「ないです…別れないの?!」

ミジン子「私のせいもあるし、それはないけど
もう一回したら、別れる。
頑張れば返せるんだから、頑張って」

玉ねぎ「頑張る!…高いレストラン行けなくなるけどいい?」

ミジン子「当たり前でしょ!!」

ということで、玉ねぎの返済生活が始まりました。
玉ねぎは、返済計画を立て、自分を奮い立たせるため、
ブログをつけるようになりました。
月々の返済をブログにつけ、他の人のブログも見る事で、
もっと頑張って返そう!という気になったそうです。

私は、
「食費の1万円だけ残して残りの給料を全部返済にまわしたら?」
と、適当なこと言って応援していました。
返済を頑張っていたのは玉ねぎで、私は特に何もしていません。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ミジン子

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.16 18:03 | | # [edit]
ミジン子 says..."Re: タイトルなし"
はじめまして!
ほんわかなんて!
おっさん二人なのに
そんな風に言っていただけると嬉しいです
またよかったらお越し下さいませ!
2015.12.16 22:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。